創傷治療センター

創傷治療とは

創傷治療とは6ヶ月以上治らない“慢性創傷”を専門に診る治療のことです。
創傷には、圧や摩擦・ずれなどによる床ずれ、糖尿病をお持ちの方にみられる糖尿病性足病変、動脈性硬化症を伴う血流障害による動脈不全性の傷、また静脈不全症の傷、また静脈の動きが十分でなく、血流が貯留してしまうことにより生じる傷、その他術後の傷、ケガや事故による傷で治らないもの等、さまざまな原因があります。
また近年において高齢化の進行や、食生活の変化による糖尿病の増加、生活習慣等による血管障害から、多くの人が慢性の傷で悩んでおられます。ただ単に傷が治らないというだけでなく特に糖尿病性潰瘍が悪化し、下肢切断に至るケースも見られます。
現在日本ではこのような傷を専門に診る医師はおらず、整形外科・皮膚科・形成外科医などが治療にあたっていました。
新須磨病院では傷で悩む患者さまのために創傷治療センターを開設しています。
この創傷治療はとても画期的であり、表面に見えている傷を治すのではなく、その傷の奥に潜むもとから治療していきます。そのため、今までなかなか治らなかった傷も早期に治療することができます。
いままで慢性創傷で辛い思いをされている方、またご家族の皆さま...ぜひ一度創傷治療センターまでご相談ください。

▲このページのトップへ

創傷でお困りではありませんか?

床ずれなどの褥瘡(じょくそう)が何ヶ月も、何年も治らない。
体位交換していても褥瘡ができてしまった。
医師から下腿潰瘍で、切断を宣告されている
糖尿病性の潰瘍が悪化し、医師に足を切断しなくてはならないと言われた。

▲このページのトップへ

患者様へ

近年、動脈硬化症や糖尿病の患者さんが増加したことにより、足の病気が大きな問題となってきています。一言で足の病気といっても、その症状は潰瘍、壊死、骨髄炎、足趾の変形など様々であり、その原因も、動脈不全、静脈鬱滞、糖尿病性神経障害に起因するものなど多岐にわたります。これらの足の病気は難治性で、思うような治療成果が出ていないのが実情です。米国におきましては、糖尿病性足病変による下肢切断が年間約6万例にまで達し、深刻な社会問題となっています。日本でも食生活の欧米化により米国と同様、糖尿病性足病変の患者が増加傾向にあり、下肢難治性潰瘍の治療に難渋しているのが実情です。足病変に対するフットケアは、従来のような診療科毎の治療では十分な成果が挙がらず、診療科の枠をこえた医師、看護師をはじめとする多くの医療従事者のチーム医療が不可欠と考えられます。下肢の難治性潰瘍などでお困りのかたがございましたら当院外科(月、水、担当 北野)までご相談ください。

▲このページのトップへ

地域医療機関の方へ

当院では毎週土曜日に下肢の慢性創傷患者さんを対象に、創傷専門の外来を行っています。当院の創傷治療センターは血管外科医1名、形成外科医2名、専任看護師3名で構成されています。また同じ日に、義肢装具士による特殊装具外来も行っています。 慢性創傷をもった患者さんはまず担当医にご相談いただき、そのうえで創傷治療センターでの治療が必要と判断された場合に、完全予約性でセンターでの治療を開始するようなシステムになっています。このうち、血管造影や手術が必要と判断された患者さんは入院となり、必要に応じて透析医、内科医、整形外科医の協力の下できるだけ短期間での治療を目標としています。
創傷治療センターは傷を治すためのセンターであり、動脈不全、糖尿病性壊疽、静脈欝滞性潰瘍や褥瘡の患者さんなどが来られます。血管外科医と形成外科医が中心となって診療を行なっている創傷センターは全国でも珍しく、全国各地から多数の患者さんが当院を受診されています。また、医療従事者によるセンターの見学も多数あります。

▲このページのトップへ

受診方法(予約から終了まで)

予約 お電話にてご予約を承ります。当センターは完全予約制とさせて頂いております。
初回診察 最初に看護師が、創傷・患者さまの健康状態についてお伺いいたします。
そして、医師が、全身状態・病歴等について問診させていただき、傷の状態を診させていただきます。
医師が必要と判断した場合、血液検査などの検査を受けていただきます。
次回の予約は診察終了時にとらせていただきます。
再受診 検査結果および今後の治療方法等について、医師よりご説明させていただきます。
ご不明な点、疑問点などございましたら、ご遠慮なくお尋ねください。
在宅でのサポート ご自宅にて創傷処置が必要で、ご自身またはご家族による実施が困難である場合は、訪問看護サービスによるサポートをさせていただきます。
終了 創傷が完全に治癒した時点で、当センター受診の終了となります。
   
今まで掛かっていた医師への受診は? かかりつけのお医者さまへは、そのまま受診なさることをお勧めします。
創傷治療につきましては、当センターよりご連絡・ご説明させていただきます。

▲このページのトップへ

診察日時

【診察日】  毎週土曜日(完全予約制)
【診察時間】 9:00~12:00
【担当医】  北野 育郎
創傷治療センターは完全予約制となっておりますので、まず下記の代表電話までお電話ください。

▲このページのトップへ

新須磨病院〒654-0048 神戸市須磨区衣掛町3丁目1番14号 TEL:078-735-0001

Copyright (c)Shinsuma Hospital All Rights Reserved.