文字サイズ

お電話でのお問合せ 078-735-0001

メニュー

形成外科Plastic surgery

形成外科とは「目にみえる部位」の形態、機能を修復する科です。以前は交通事故後や悪性腫瘍切除後で残った傷跡などには「命が助かったのだから」ときれいにしたり、あざやほくろを「うまれつきのものだから」と切除したりすることをためらう時代がありました。しかし、現在機能的にも形態的にも高度な結果が望まれる時代となり、傷跡はできるだけきれいに、気になるほくろ、あざはできるだけきれいに切除することが一般的となり、その他の領域においても形成外科の需要が増えてきました。
取り扱う疾患は瘢痕・ケロイド(傷跡)、皮膚腫瘍(できもの、ほくろなど)、目瞼下垂、顔面外傷、顔面骨骨折、熱傷、難治性潰瘍、褥瘡 など多岐にわたります。

【診察日時】

受付時間
【形成外科】 午前 8:15~11:00 辻依子 丸口
午後 12:50~16:00 丸口 辻依子

担当医師

辻 依子 辻 依子
≪所属学会名≫
日本創傷治癒学会
日本褥瘡学会
日本口蓋裂学会
日本マイクロサージェリー学会
≪取得済みの認定医など≫
日本形成外科学会専門医
日本創傷外科専門医
≪専門領域≫
難治性創傷、美容外科、眼瞼下垂、顔面骨折、外傷
≪患者様へ≫
当病院では、形成外科のあらゆる分野の患者様を受けつけております。お気軽に相談して下さい。
≪地域医療機関の方へ≫
当病院では形成外科分野にかかわるあらゆる疾患を受け付けております。
1.熱傷
2.顔面損傷(骨折を含む)
3.先天奇形
4.各種体表面腫瘍
5.瘢痕・ケロイド
6.褥瘡・難治性潰瘍
7.その他
  顔面神経麻痺
  眼瞼下垂
  腋臭症
  など。
丸口 彩 丸口 彩
≪所属学会名≫
日本形成外科学会
≪専門領域≫
形成外科一般